バイク買取の時の価格交渉

バイク買取の時の価格交渉

 

 

バイク査定後の価格交渉は、とても重要です。

 

 

バイクをいつ売ったら高く売れるか?
どこに売ったら高く売れるか?

 

 

ということをよく気にする人がいますが
そういうことより価格交渉の方が
よっぽど買取金額に影響します。

 

 

ですから何も知らない状態で
いきなりどこかのバイク買取業者に査定してもらうと
安く買い叩かれるケースが多いので注意しましょう。

 

 

まず交渉の時、バイク買取業者は、
安く買い叩こうとしてくると
頭に入れておきましょう。

 

 

相場が20万円のバイクでも
7万円とか普通に言ってくる業者もいます。

 

 

そして業者の人は、
バイクの査定ともに
売り手のあなたがどんな人かも見ています。

 

 

  • 断るのが苦手な人か?
  • バイクについて詳しくない人か?
  • 売ろうとしているバイクの相場を知っているか?

 

 

このようなことを考えながら
巧みな交渉術であなたからバイクを
安く買い取ろうとしてきます。

 

 

ですから基本は、断るということを
頭に入れておきましょう。

 

 

特に最初の提示額は、
断ると決めておいたほうがいいです。

 

 

業者側も断られるという前提で
安い金額をだしてくるからです。

 

 

あとは、断った後に提示してくる
金額の幅もチェックしておきましょう。

 

 

数万円単位でアップするなら
まだまだ上がる可能性があります。

 

 

逆に数千円単位でアップされたなら
もう限界かもしれません。

 

 

また、交渉をしなくても
買取金額が上がる方法があります。

 

 

それは、2社を同時に呼んで
競らせるのです。

 

 

こうすれば
2社共に低い査定額をだせば
お客さんをもう一方の会社に取られるので
低い査定額を出せなくなります。

 

 

業者側は、価格交渉に慣れています。
まともに交渉すると
安く買い叩かれる可能性が高いので
何社か同時に呼んで査定してもらうことを
オススメします。