走行距離の多いバイクを売る

走行距離の多いバイクを売る

 

 

バイクの査定には、
走行距離も大きく影響してきます。
走行距離は、どれだけ乗ったかという大まかな指標になります。

 

 

当然、乗れば乗るほど価値は、下がりますが
特に注意が必要なのは、
大台を超えそうなバイクです。

 

 

例えば走行距離が
9000キロとか19000キロで
というもうすぐ大台に乗りそうな状態で
バイクを売るか迷っているなら、
その時点で売ってしまったほうがいいです。

 

 

逆に走行距離が6000キロで売ろうが
6500キロまで乗って売ろうが
買取金額は、変わりません。

 

 

また、走行距離が多くても
メンテナンスがきちんとされているバイクなら、
いい値段がつくこともあります。

 

 

そろそろバイクを売ろうかな?

 

 

と思い出したら一度自分のバイクの走行距離を
チェックしておきましょう。

 

 

あと、押さえておいたほうがいいポイントは、
バイクは、乗れば乗るほど
いろんな面で価値が落ちるということです。

 

 

今のバイクと1カ月後のバイクでは、
いろんな面で価値が落ちます。

 

 

例えば、自賠責保険。
最初にまとめてお金を払って、何年か加入していると思いますが
1ヶ月経過するごとに残りの期間が減っています。

 

 

任意保険も同様です。
1年間に3〜5万円くらい払っていると思いますが
1ヶ月経つごとにそれを減価償却していってるわけです。

 

 

バイクに使われている部品も消耗していきますし、
乗れば乗るほど小さな傷も増えていきます。

 

 

バイク買取業者は、そういうことがあるので
早く売らないと価値が落ちるといっているのです。